こんにちは、まやです。

今回は、西武2000系列の加工を進めたので紹介します。

f0371979_14022617.jpg

まずは8連の2077Fの以前と反対側の先頭車と、2465Fの片側先頭車をTN化しました。
湾曲胴受けのTNは調達が大変です...

f0371979_14034586.jpg

そのため、新たな編成を組めます。
旧2000系と気分で併結相手を変えられるようになりました。

次に、2077Fのベンチレーターをどうにかします。

f0371979_14084785.jpg
今回は簡易的な工事として塗装したマスキングテープを切り出して穴を塞ぐ事を行いました。
いずれはパテで穴自体を埋めていきたいところ。

ここまでしてベンチレーター撤去したのは...
f0371979_14070003.jpg

モハのパンタグラフはこの前の伊豆箱根鉄道1300系に流用したため、シングルアームパンタに載せ替えたからというのもあります。

使用したのはTOMIXのPT7113Bです。

戸袋窓があり、ベンチレーター撤去かつシングルアームの編成が今では当たり前ですが未だに違和感を感じます。

ベンチレーターが残っていてかつシングルアームパンタの編成は存在しないため、先程の簡易的ではあるもののベンチレーターの撤去を急ぎました。

f0371979_14105861.jpg

8連の2077Fはあと車番を変えてベンチレーター撤去部を改良したいところです。


f0371979_14114749.jpg

先日入線した4両編成も整備します。
まだ4両しかいないですが、8連にすると仮定して各停玉川上水行きとしました。
また、墨入れを一部行いました。

f0371979_14130345.jpg

パンタグラフが撤去された部分の配管の一部を黒で塗り分けてみましたが、あまり目立たないため微妙ですね。

f0371979_14141572.jpg

鉄コレの旧2000系は統一性をもたせるため、スカートをGMのものに再交換しました。
TN化してあるため先程の新2000系の8連と併結できます。

本日は以上です。

[PR]
# by Mkn_ss32 | 2018-08-14 14:00 | Nゲージ加工 | Comments(0)

こんにちは。

昨日は、西武鉄道のぐでたまスタンプラリーに挑戦して来ましてほぼ埋められました。そして無事に達成賞もゲットしてきました。
個人的には大人900円の1日乗車券で西武線を満喫した感じが強いですね。

先日、そんな西武線の模型がまた増えました。
Twitterでフォロワーさんから譲り受けたものです。
f0371979_07555728.jpg

f0371979_07555803.jpg

グリーンマックス 30708 西武新2000系 前期形(2523編成・ベンチレーター撤去)4両編成セット(動力無し)

やたら長ったらしい商品名ですが、要は4両編成のグループです。

今年の3月に発売されたばかりで前期形が一気に5セット発売されました(全て新宿線仕様)。
そして9月には池袋線仕様や塗装済みキットも発売になるので少しでも参考になればと。

ちなみに実車の4連は色々な編成の組み方が出来るため遊び方がたくさんあります。
4 4の8連や6 4の10連の新宿線の各停から優等種別、さらには2 4の6連や4連単独での支線運用など色々遊べます。

f0371979_07591604.jpg

アンテナを取り付けた状態の先頭車です。

クモハ2500とクハ2600で、クモハはパンタグラフが撤去された屋根が再現されています。
コチラは前期形の中でも貫通扉が大型化されたグループで、小窓の編成も発売されています。
幕は急行西武新宿行きが印刷済み。

f0371979_07591610.jpg

横から見てみます。

相変わらずのランボード表現です。毎日この4両編成を見ている身からするととても残念な表現です。

しかし、前期形の特徴である小さな戸袋窓や最近の武蔵丘出場の証であるベンチレーター撤去、西武鉄道標記の西武ロゴが良い感じです。

f0371979_08044690.jpg

比較してみます。
上が従来の後期形で下が今回の前期形です。
戸袋窓のサイズの違いが分かると思います。

床下機器の違いは私が加工したものなのでゆくゆくは前期形の方も並び替える予定。

f0371979_08043746.jpg

同じクモハで比較してみます。

左が2両編成、右が4両編成のクモハです。
ランボードの長さが違いますが今回の製品の方が正しくて2両編成のはエラーです。

前期形の2両編成のセットもこのエラーがあるそうですので腕に自信のある方は直してみては。

f0371979_08105107.jpg

KATOカプラーに交換しました。

GMの西武シリーズは大体カプラー変えると台車マウントでも短くなります。

f0371979_08105111.jpg

4両全体で。

前から4両編成の要望が強くあったらしいので今回の製品化は待望の製品化(?)だったのかもしれません。

今回私が手にしたものは増結セットなので、別で6両編成あたりを購入して6 4の10連とするつもりです。

f0371979_08214759.jpg



本日は以上です。

[PR]
# by Mkn_ss32 | 2018-08-07 08:55 | Nゲージ入線 | Comments(0)

こんにちは。


早いものでもう8月になりました。
相変わらず暑くて辛い日々が続いてますね。
今回は久々に鉄道コレクションを購入したので紹介します。
前回のYPTよりは軽めになります。

f0371979_09281968.jpg

鉄道コレクション 伊豆箱根鉄道1300系 3両セット


西武グループの中にある伊豆箱根鉄道が、西武鉄道で廃車になった新101系を譲受して各種改造して2008年にデビューしたのが1300系です。

昨年に同じ伊豆箱根鉄道1300系のイエローパラダイストレイン(YPT)を紹介しましたが、今回ようやく元の伊豆箱根鉄道カラーを導入しました。

私が購入した理由はただ西武多摩湖線にこのカラーリングのコラボ編成がいるからでした(笑)。
f0371979_09384240.jpg
どちらも西武線において馴染みあるカラーリングとなりつつあります。伊豆箱根カラーは玉川上水の車両基地にもよく留置されています。
今回買ったのはあくまで伊豆箱根鉄道の車両なので西武線としては遊びませんが()
この伊豆箱根鉄道カラーは塗り分けがうまくできていないため、なんとかタッチアップしたいところです。

f0371979_09411079.jpg
ただ、遊びがてらシングルアームパンタを載せました。
完全に西武多摩湖線ですね(笑)

f0371979_09430306.jpg
3両全景
パンタグラフ(GMのPT42N)と付属のアンテナを載せました。
パンタグラフはGMの新2000系の8連からの捻出品です(あるフラグが←)。

ちなみに、伊豆箱根カラーは伊豆箱根鉄道の車両は画像のように妻面が青ですが、西武鉄道で再現された編成は妻面は白なのが2社で異なる点です。

f0371979_09461148.jpg
加工途中のクハです。
スカートやダミーカプラーを色差ししたり一部交換したりしてます。
鉄道コレクションの西武新101系シリーズはスカートの取り付けが甘いので、接着してあげて垂直にするとかなり良くなりますよ!

床下機器はクモハのものを履いてるため1度全撤去。別のものを用意して新たに付け直します。

f0371979_09485662.jpg
最終的にはYPT並に仕上がれば良いかなと思ってます。
何だかんだでYPTも弄ってましたが記事にはしてなかったのでこの伊豆箱根カラーで紹介できれば...と思います。


本日は以上です。

[PR]
# by Mkn_ss32 | 2018-08-05 09:59 | Nゲージ入線 | Comments(0)

こんにちは。

試験期間が折り返し地点に来て既にやる気が半減してます(笑)。試験期間は模型を弄りたくなってしまう訳です。

そんな中で先日購入した9000系を整備し始めたので紹介します。

f0371979_08400566.jpg

車椅子ステッカーとベビーカーマーク(9207,9907)と弱冷房車表示(9207)を貼り付け。

弱冷房に関しては銀河モデル製ですが、それ以外は自作デカールです。

f0371979_08414830.jpg

アンテナを色差ししたり、ドアゴムに色差ししました。

初めてガンダムマーカーのスミ入れペンを使いましたが正直微妙な感じ...。
GMのドア印刷が弱いのか一部汚れてしまいました。
しかしながら、嫌な感じだった黄色のはみ出しを解消し、汚れもそこまで目立たないので良しとします。

f0371979_08442672.jpg

f0371979_08442618.jpg

乗務員室扉及び前面の貫通扉の墨入れは手法を変えました。

ポスカというマーカーペンのインクを出し、適当な水量で希釈してモールドに爪楊枝で流し込みました。
簡単に言うと濡れた爪楊枝でポスカの黒インクに触れてモールドをなぞる感じです。
色を入れた後はもう1本濡れた爪楊枝を用意して、余計な部分を拭き取るだけです。

手間はかかりますが、車体を傷めることなくしっかりと色が入ってくれます。
画像ではまだ微妙に落とせてないですが、撮影後に丁寧に処理しました。

f0371979_08482987.jpg

9000系とは関係ないですが、KATOの東急5050系のドアゴムの色差しもこの方法でしてみました。

比較的モールドが浅いわけですが、汚れもなくしっかり色が入りました!

f0371979_08500695.jpg

乗務員室扉の墨入れが終わったので下部に青三角の標記を追加しました。



9000系はパーツがまだ揃ってないのでここで終わりますが、記事を独立させるまでもない加工等を何点か紹介します。
f0371979_08505948.jpg

40000系の妻面ガラス(40101,40102)に女性専用車ステッカーを追加しました。

側面ではしつこくなりそうで省略した、座席指定列車時を除くことを記した標記も妻面には追加してあります。

f0371979_08510054.jpg

乗務員室扉の下部の手掛け(?)を墨入れしました。
先程の9000系のものと同じ手法です。

f0371979_08561790.jpg

5050系と9000系並び

5050系は特別企画品付属のパーツで53K快速飯能行きに変更しています。
それぞれ地下鉄(小竹向原方面)と地上線(西武池袋)からの電車です。

池袋線再現なのに池袋行きがいないですね(笑)



本日は以上です。
[PR]
# by Mkn_ss32 | 2018-07-29 08:37 | Nゲージ加工 | Comments(0)

[Nゲージ入線]10連化

こんにちは、まやです。

手短にいきます。


最近購入したGMの西武9000系(ベンチレーター撤去仕様)の基本セットですが、増結が品薄気味なのが不安になりだしてしまい...
f0371979_07501527.jpg

こうなりました(笑)

GM 30578 西武9000系(9107編成・ベンチレーター撤去後)増結用中間車6両セット

基本セットより増結セットの方が高いというよく分からない値段設定ですが、定価よりはだいぶ安く買えました。
私が購入したと同時にとあるネット通販で在庫切れになったので恐らくラス1でした。

f0371979_07533257.jpg

新2000系に使っていた11両用のウレタンを拝借して10両まとめました。
10両をGMで揃えるのは初です。高かった()

f0371979_07564486.jpg

10両を並べて記念撮影。
KATOの40000系が10両集まった時並に安心しました。

f0371979_07581464.jpg

この製品のウリはベンチレーター撤去やライト電球色の他に、コアレスモーターです。
ご覧の通りどれがモーター車か全然分かりませんね(真ん中がモーター車です)。


本日は以上です。
[PR]
# by Mkn_ss32 | 2018-07-24 07:48 | Nゲージ入線 | Comments(0)