[Nゲージ入線]GM 西武新2000形 前期形

こんにちは。

昨日は、西武鉄道のぐでたまスタンプラリーに挑戦して来ましてほぼ埋められました。そして無事に達成賞もゲットしてきました。
個人的には大人900円の1日乗車券で西武線を満喫した感じが強いですね。

先日、そんな西武線の模型がまた増えました。
Twitterでフォロワーさんから譲り受けたものです。
f0371979_07555728.jpg

f0371979_07555803.jpg

グリーンマックス 30708 西武新2000系 前期形(2523編成・ベンチレーター撤去)4両編成セット(動力無し)

やたら長ったらしい商品名ですが、要は4両編成のグループです。

今年の3月に発売されたばかりで前期形が一気に5セット発売されました(全て新宿線仕様)。
そして9月には池袋線仕様や塗装済みキットも発売になるので少しでも参考になればと。

ちなみに実車の4連は色々な編成の組み方が出来るため遊び方がたくさんあります。
4 4の8連や6 4の10連の新宿線の各停から優等種別、さらには2 4の6連や4連単独での支線運用など色々遊べます。

f0371979_07591604.jpg

アンテナを取り付けた状態の先頭車です。

クモハ2500とクハ2600で、クモハはパンタグラフが撤去された屋根が再現されています。
コチラは前期形の中でも貫通扉が大型化されたグループで、小窓の編成も発売されています。
幕は急行西武新宿行きが印刷済み。

f0371979_07591610.jpg

横から見てみます。

相変わらずのランボード表現です。毎日この4両編成を見ている身からするととても残念な表現です。

しかし、前期形の特徴である小さな戸袋窓や最近の武蔵丘出場の証であるベンチレーター撤去、西武鉄道標記の西武ロゴが良い感じです。

f0371979_08044690.jpg

比較してみます。
上が従来の後期形で下が今回の前期形です。
戸袋窓のサイズの違いが分かると思います。

床下機器の違いは私が加工したものなのでゆくゆくは前期形の方も並び替える予定。

f0371979_08043746.jpg

同じクモハで比較してみます。

左が2両編成、右が4両編成のクモハです。
ランボードの長さが違いますが今回の製品の方が正しくて2両編成のはエラーです。

前期形の2両編成のセットもこのエラーがあるそうですので腕に自信のある方は直してみては。

f0371979_08105107.jpg

KATOカプラーに交換しました。

GMの西武シリーズは大体カプラー変えると台車マウントでも短くなります。

f0371979_08105111.jpg

4両全体で。

前から4両編成の要望が強くあったらしいので今回の製品化は待望の製品化(?)だったのかもしれません。

今回私が手にしたものは増結セットなので、別で6両編成あたりを購入して6 4の10連とするつもりです。

f0371979_08214759.jpg



本日は以上です。

[PR]
by Mkn_ss32 | 2018-08-07 08:55 | Nゲージ入線 | Comments(0)